【渡米準備のやることリスト】ギリギリまでワーママだった私が渡米1ヶ月前から準備した記録(アメリカ駐在編)

渡米準備・直後

私は渡米1ヶ月前まで日本で働いていたので、現地の銀行開設手続きを除いて、休みに入った渡米1ヶ月前から猛チャージで準備を進めました。時間との戦いだったので、やることリストを作って抜け漏れがないように準備。その甲斐あって渡米後「あ、困った」ということは今の所ありません。

何か1つでも、「あ、これもしたほうが良いのね!」と思ってもらえる項目があれば幸いです。

これだけは前もって!!(1ヶ月前よりも先に)

  • アメリカの銀行口座開設(三菱UFJ銀行の口座があればUnion bankの口座が日本語対応で、日本から開設可能です。時間がかかるのでこれだけは前もってやっておいた方が良いかも)

    ※2022年3月追記:Union bankは今後、三菱UFJグループではなくなるので上記対応が継続されるのか未把握です。さらに言うと口座開設はとっても便利でしたが、他のアメリカの銀行に比べてネットバンキングがとても使い勝手が悪いので生活が落ち着いてからチェイス銀行を別途開設しました。
  • 粗大ゴミの処分(私の時は1ヶ月半先まで回収の予約が埋まっていて、いろんなものの処分に苦労しました。結局親戚が引き取ってくれたり、アメリカに持って来ちゃったり。アメリカのほうがゴミの処分は楽なので、とりあえず持ってきてから考える、というのも一理あるかもですが早めに対処しておいた方が良いですね。)

お買い物系(余裕がある時、かつ息抜きにコツコツ買い溜め)

  1. お気に入りの下着、肌着、靴下を買う
  2. いつも使う日用品を買い溜め(日本のゴム手袋・サランラップは消耗品なのでマスト。アメリカでも日本の商品は手に入りますがお値段が高いので。)
  3. いつも使う化粧品を買い溜め(基礎化粧品まとめ買い。逆にしっかりメイク用の化粧品はほぼ不要。シリコンバレーの人はあまり化粧しない傾向。)
  4. サニタリー用品を買い溜め(日本製のクオリティがダントツです。日本の商品は手に入りますがお高いので。)
  5. 乾物系の食材(ふりかけ、のり、そば、ごま、お茶漬け、だし、インスタント味噌汁など。現地でも調達可能ですが、高い、かつ渡米直後に日本の慣れ親しんだ味があると一気に気持ちが安定するのであったほうが良い。手荷物に入れる必要があるので、重量が軽い乾物系がオススメ。ただし成分にお肉のエキスが入っているものはアメリカは持込めないので注意)
  6. 無印のボックス(無印のソフトボックスが本当に便利。仕分けしてソフトボックスに放り込み、そのまま引越しの段ボールへ。新居に着いたら段ボールから出してそのまま棚へ置けば荷解き完了!。プラスチックケースのように嵩張らないし、不要な時は小さく折り畳み可能で「神」アイテム!と私は思っています)
  7. プリンターのインク(日本のプリンターを持っていく場合は、アメリカでは買えないので船便でたくさん送っておく)
  8. ホームベーカリーと変圧器(アメリカには「ふわふわ食パン」はあまり売ってない又はとても高いので、これが食べたい場合、手作りする必要があります。アメリカは小麦粉が安いので節約の観点からもホームベーカリーは重宝)
  9. 英語の勉強の本(個人的に書籍はkindleで良いのですが、勉強系の書籍は断然「紙」が良いと思っています。TOEFLを受けたいので、TOEFL・英語関連の書籍は紙のものを調達。現地紀伊国屋でも調達可能ですが、やっぱり高い)

お買い物系【子育て編】

  1. 日本語の絵本を買う(なるべくたくさんあった方が良いです。現地で買うと2〜3倍の価格)
  2. 通信教育の解約(ベネッセのチャレンジを受講しており、一旦解約)
  3. 通信教育(現地用)の手配(私は通信教育のポピーを1年分取り寄せ)
  4. 慣れ親しんだ子供用シャンプー・ローションを買う(アメリカの日差しが強過ぎて日本の日焼け止めでは効果が足りないと思うので、日焼け止めは現地調達でも良い)
  5. お弁当用品を買う(お弁当持参に備え100均で売っているgoodsを買い漁りました。現地にダイソーありますが値段が2倍・・品揃えも正直イマイチなので買っておいて損はありません)

渡米準備

  1. VISA関連(一番大事なVISA関連。こちらは夫の赴任に帯同するため手続きは全て夫ないしは夫の会社にお任せでしたので割愛)
  2. 会社の駐在手引きを熟読(会社の海外駐在マニュアルを印刷してもらい何度も読み込みました。何が会社負担で何が個人負担なのか、こちらを初めに把握することで、何にどこまでお金をかけるかが決まります)
  3. 航空券の手配(会社経由なので割愛)
  4. 空港(日本)近辺でのホテル手配(羽田空港隣接のホテルに1泊しました)
  5. 現地でのホテル手配(3週間弱ホテル暮らしでした)
  6. 引越の見積もり(会社経由なので割愛)
  7. 荷物の仕分け(7箇所に仕分けるのが大変でした。①実家②親戚③捨てる④トランクルーム⑤船便⑥航空便⑦手荷物)
  8. 自宅から空港までの荷物配達手配(全日空の赴任コンを利用して事前に空港まで荷物を送りました)
  9. 家探し(複数の会社とコンタクトを取っておき、一番対応がしっくりくるエージェントを選びます。前任者の方にヒアリングして、大体のエリア毎のイメージを掴んでおくと良いと思います)

渡米準備【子育て編】

  1. 子供学校手配(子供をどの学校に行かせるか、正直現地に行って住所が確定しないとわからないことも多いですが、情報収集は進めておいたほうが良いですね)
  2. 母子手帳英訳 (全日空の赴任コンポ利用。翻訳には時間がかかるので真っ先に申し込む必要あり。予防接種の英訳ページは、子供の学校入学手続きに必要な書類でした)
  3. 予防接種(アメリカの各州によって必要な接種項目が日本と異なるので足りない分を追加接種→カルフォルニアの場合こちらのガイドブックを参考にしました)

メディカル系(大人の分)

  1. 定期的に飲んでいる薬の調達(持病の薬を多めに処方してもらいました。「処方薬は引越し荷物には入れられない」と引越し業者に言われたので、手荷物で持参)
  2. 市販の常備薬を購入(あまりに多いと税関で目を付けられるらしいので救急箱の中に必要!と言い切れる範囲内で)
  3. 予防接種(子供同様、日本の接種で足りないものを追加接種)
  4. 歯医者の定期検診(現地で治療するのは結構大変なので出来るだけ日本にいるうちに)

お金の管理系

  1. 家にあるありったけの小銭を銀行口座に入れる(引越し荷物の中に現金を入れることはできません。現地で日本円の小銭はただ邪魔な金属の塊なので、早めに手放しましょう)
  2. 銀行口座の整理(口座の解約、もしくは海外転居の手続き。私はゆうちょ銀行、楽天銀行、じぶん銀行の口座を閉めました。証券口座がある場合も整理が必要です)
  3. クレジットカードの整理(不要なカードを解約。年会費が余計に発生すると無駄なので早めに見直すことをオススメ)
  4. 電子マネーを使い切る(Pay Pay、Edyなど)
  5. 家電量販店等のポイントを使い切る(有効期限があるポイントは真っ先に使い切りましょう)
  6. アメリカの銀行口座にドルを送金しておく(wiseを使う場合は住所確認が必要となるので、日本でマイナンバーカードがあるうちに一度送金をしておくことを推奨。直前に送金しようとすると、運悪く「げ、めっちゃレートが悪い・・」というタイミングに当たる可能性もありますので、少し余裕をもって送金したほうが良いと思います。ちなみに銀行での外為送金はコストが高すぎてイマイチ)

お役所系

  1. 戸籍の取り寄せ(ソーシャルセキュリティ番号の申請の際、窓口で「戸籍の原本を見せろ」と言われました。あまり古い日付だと何か言われるのも面倒なので、渡米直前に取り寄せるのがベストかと。)
  2. 運転免許の更新(渡米後割とすぐに期限が来てしまう場合は、海外に行くことを伝えれば前倒しで更新することが可能です。まずは更新期限を確認しましょう)
  3. 国際免許の取得(更新と同じタイミングで取得可能でした)
  4. 国家資格等の住所変更(監督官庁に問い合わせた結果、結局私はどちらも日本の住所のまま放置。)

VISAを取得したらやること

 晴れてVISAを受領すると正式に引越日が確定するので、やることリストが増えていきます。

  1. 家の解約(賃貸の場合)
  2. 保険関係の整理(自転車保険解約、家の火災保険解約等)
  3. 転出届(住民票を抜きます。マイナンバーカードも返却しました)
  4. 水道・電気・ガス・NHK・インターネットの解約
  5. 郵便局で転送手続き
  6. 子供の学校手続き(保育園へ退園届を出しました)
  7. 児童手当消滅の手続き(私の自治体は電話でOKでした)
  8. 子供の医療証を返還(羽田空港のポストから返却しました)

意外と盲点!そのほかやっておいたほうが良いことリスト

  1. 衣類をまとめてクリーニングに出しておく(船便だと2〜3ヶ月密閉された箱で運ぶことになるので汚れは落としておいたほうが無難。渡米直前はバタバタするので前広に出すことをオススメします。私は休職開始後、一気にスーツ類をクリーニングに預けました)
  2. カーテンを洗う(カーテンは処分するかトランクルーム行きだと思います。トランクルーム保管の場合は、綺麗な状態で保管しないとカビが生えて大変なことになり得るので、お天気の良い日に計画的に洗濯しておくことをオススメします)
  3. 古い携帯の下取り (断捨離の一環)
  4. 古いパソコン処分 
  5. 渡米後やりたいことを書き留めておく

コメント

タイトルとURLをコピーしました